聴こえてる、ふりをしただけ

監督:今泉 かおり

上映日:7/24() 8/1(月) 5(金)

キャスト

  サチ:野中 はな

   希:郷田 芽瑠

サチの父:杉木 隆幸

 美由紀:越中 亜希

 由美子:矢島 康美

担任教師:唐戸 優香里

 希の母:工藤 睦

   彩:木村 あづき

  由香:山口 しおり

  スズ:芳之内 優花

男性教師:橋野 順平

  主婦:松永 明日香

     諸田 真実

スタッフ

監督・脚本・編集:今泉 かおり

撮影:岩永 洋

撮影助手:戸羽 正憲・倉本 光佑

助監督:平波 亘・増田 和由

録音:根本 飛鳥・宋 晋瑞

録音助手:坂井 晶子

美術協力:津留 啓亮

メイク:寺沢 ルミ

照明応援:倉本 光佑・長田 青海

整音:宋 晋瑞

音楽:前村 晴奈

協力:斎藤 慎哉・橋野 純平・加藤 行弘・村松 英治・小原 智恵・前野 朋哉・和田 直人・亀岡 司崇・加瀬 仁美・松尾 圭・今泉 力哉・落合 有希・今泉 忠勝・今泉 文子・今泉 忠信・今泉 三枝子・佐土原 俊則

あらすじ

 突然の事故で母親を亡くした、11歳の少女・サチ。

 周囲の大人は、「お母さんは魂になって見守ってくれている」と言ってサチを慰めるが、サチはいまいち信じこめずにいた。

母の残していったものをじっと見つめては、そこから何かを感じ取ろうとし、サチの時間は止まっていく。

 母の死後、久しぶりの登校時には、二人きりになった父から母のかたみの指輪を「お母さんと一緒にいられるように」ともたされる。

家庭では父と親戚の由美子が必死にサチに気を遣い、学校では親友・美由紀がどこかよそよそしく自分を気遣う。一方では、死後の世界を否定するような考えを由美子や美由紀に示され、サチは心のよりどころを見いだせないでいた。

 ある日、転校生の希がやってくる。はじめは特に興味を示さなかったサチだが、希がお化けを怖がって失禁してしまったのをきっかけに希に近づく。

純粋に死後の世界を信じる希の存在に、サチは過度に依存していく。

監督プロフィール

今泉 かおり(いまいずみ かおり)

1981年 大分県生まれ。

就職のため大阪に行き、そこで映画製作の現場に初めて参加。

監督を志し、2007年ENBUゼミナールに入学。

卒業制作作品「ゆめの楽園・嘘のくに」は、2008年度の京都国際学生映画祭にて準グランプリを獲得。