特別上映『MISSING』

(2011年/55分/HD)

監督:佐藤 央

上映日:7/26(火)

キャスト

土田 愛恵

きく 夏海

信國 輝彦

昌本 あつむ

堀尾 貞治

スタッフ

製作:神戸映画資料館
監督・編集:佐藤 央

脚本:小出 豊

撮影・照明:四宮 秀俊

録音:新垣 一平

音楽:近藤 清明

美術:大石 佳奈

助監督:大岸 智博
制作:唐津 正樹

プロデューサー:安井 喜雄・田中 範子・佐藤央

あらすじ

夫と1人息子のヒロと幸せな生活を送っていた清瀬晧子は、軽い気持ちからヒロとの約束を破ってしまう。その日以来、ヒロは二度と帰ってこず、「自分のせいだ」と自らを責める晧子は夫と別れ1人ヒロを待ち続ける。それから5年の月日が過ぎ…

監督プロフィール

佐藤 央
1978年生れ。大阪府出身。法政大学卒業後、映画美学校に入学。短編ドキュメンタリー『キャメラマン玉井正夫』(2005年)、オムニバス映画『夢十夜海賊版』の一本「不安」(2007年)などを監督。2009年には冨永昌敬(『パンドラの匣』『乱暴と待機』)との二本立て映画『シャーリーの好色人生と転落人生』の一本『シャーリーの好色人生』を監督し、全国で公開。各方面で高い評価を得る。その他の作品に『結婚学入門(恋愛篇)』(2009大阪ヨーロッパ映画祭招待上映)、『結婚学入門(新婚篇)』(2011 ニッポンコネクション招待上映)、『MOANIN`』など。

脚本プロフィール

小出 豊
1974年生まれ。千葉県出身。映画美学校に入学。万田邦敏に師事し、『接吻』(06年)ではスクリプターを担当したほか、同監督の短編TVドラマ『県境』(07年)、『一日限りのデート』(08年)(共にBS-i)では脚本を担当。『お城が見える』で第4回CO2、オープンコンペ部門で優秀賞を受賞し、第5回CO2助成作品である『こんなに暗い夜』が大きな話題となる。また映画批評紙「シネ砦」団員。